Blog

【体験談】デザインプレックス研究所に通ってみて【評判と口コミ】

デザインプレックス研究所が気になっている。
デザインプレックス研究所に行こうか悩んでいる。

こういった疑問に答えるよ!

Naoya
Naoya
やぁ!みんな!元気?

デザイナーの@Naoyaです。

目次

  • デザインプレックス研究所に通った理由
  • 通学前と変わったこと
  • どういう人が行くべきか
Naoya
Naoya
ではゆこう!
【Photoshop】無料でダウンロードする方法【失敗しない学習法】Photoshopを無料でダウンロードする方法が知りたい。 そもそもPhotoshopって無料で使えるのかな? こういった疑問に答えるよ!...

デザインプレックス研究所に通った理由

まずは自分がデザインプレックス研究所に通った理由からお話したいと思います。

自分は21歳(2016年)の時にデザインプレックス研究所のWebデザインコースと、写真のコースを併用して受講しました。

その時は普通にサラリーマンをしていて、仕事が終わったらそのまま学校に行くという生活を送っていました。

勤め先が渋谷だったこともあり、夜間の時間にぎりぎり間に合うという感じでした。
仕事が忙しくて時間が合わない時は振替を使って時間を無理やり合わせながら通っていました。

自分は18歳から2年制のWebデザインの専門学校に通っていたのですが、いざWebの制作会社に入ったら特にコーディングの面で使い物にならず、これはやばいとなり、また自分のお金で夜間のデザインプレックス研究所に通うことを決意しました。

もちろんお金がないのでローン払いです。笑

専門学校時代に授業中にゲームをしていた落ちこぼれだったので、これはしょうがない付けです。
あの時、なんであんなにふざけてたんだろう…。

「あの時ちゃんと勉強しとけよ、馬鹿!」とタイムリープできたら伝えにいきたい。笑
胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチを食らってよろけて~♪

親にお金だしてもらって専門学校行ってるのに、授業中にゲームしてる奴いる~?
いねぇ~よねぁあああ!!!

ここにいた。←泣
マイキーに殺される。笑

通学前と変わったこと

通学前と通学後で変わったことはめちゃめちゃあります。

  • コーディングの基礎が分からない→なんで今までこんな事ができなかったんだろう
  • コーディングの自信がない→コーディングに自信がつく
  • 仕事でコーディングを任されない→仕事でコーディングを任される
  • コーディングが分からないからデザインできることが分からない→コーディングが分かるからデザインの幅が広がる
  • 仕事でデザインしかできない→仕事でデザインからコーディングまで一人で完結
  • 転職時にコーディングができると言えない→転職時にコーディングができると言える

こんな感じです。

中でも、コーディングができる様になったことで、デザインの幅が広がったことが一番大きいです。

自分の場合はWeb制作会社に勤めながら、通っていたのでダイレクトに学校で学んだことが仕事に活きました。

今はフリーランスとしてデザインのみの在宅ワークで月平均60万円を頂いて仕事をしていますが、この状況が作れたのもコーディングを学び直したおかげだと思っています。

正直、学校に行っていた頃の自分は、自分が月に60万円も頂けるようになるとは考えてもいませんでした。

その時は稼ぎたいとかよりも、単純にその時に憧れていた人になりたかっただけで単純に目の前のことを楽しんでいただけです。

どういう人が行くべきか

ではどういう人が行くべきなのかについてです。

基本的に授業はまったくの初心者向けに作られているので、これから転職を考えている方やゼロから学習したい方に向いています。

逆に仕事でもうバリバリやっている方は正直、通う意味はないと思います。

スクールに行ったからと言って自分が求めている人材にはなれない

最後に少し厳しいですが、スクールに行ったからといってそれができる様になるとは限りません。

当り前ですが、自分から前のめりにやりこまないと自分が求めているスキルは手に入りません。
専門学校に行ってゲームしてたら、そりゃ付けが回ってくるよねって話です。笑

参考までに自分がスクールに通って意識していたことを記載しておきます。

  • 授業中は常にメモをする
  • 宿題を必ず終わらせる
  • 本屋に売っている参考書を買えるだけ買う
  • スクールとは別で本で独学もする
  • 次の授業で先生にききたいことをメモしておく
  • 予習復習する
  • 自分で練習用にサイトを作る
  • 授業中に分からなかったことをそのままにしない

デザインプレックス研究所の資料請求は無料なので、とりあえず資料請求してみて今後の人生をどうするか考えてみるのがいいと思います。

最後に過去に自分に一言。
「早く動けよ、誰かがお前の人生を変えてくれると思うな。」