Photo

【カメラマン必見】光の質はシェーピングツールで変わる【スタジオライトの種類】

NaoG
NaoG
やぁ!みんな!元気?

クリエイターの@NaoGです。

カメラマンが利用するライトの種類を知りたい。
シェーピングツールって何だろう?

こういった疑問に答えます。

この記事の信頼性(著者は実務経験者)

  • スタジオでの実務経験あり
  • 仕事で様々なライトを利用した経験
  • 現在はフリーランスのカメラマン

実際に現場経験を積んでいるので、信頼できるかと思います。

目次

  • カメラマンが利用するライトの種類
  • ライトシェーピングツールって何?
  • カメラマンが利用するライトシェーピングツール一覧

ではさっそく見ていきましょう。

カメラマンが利用するライトの種類

  • ジェネレーター
  • モノブロックストロボ
  • クリップオンストロボ

上記のとおり。
それぞれ順番に解説します。

ジェネレーター

ジェネレーターとは光を溜める装置です。
基本的にはスタジオでコンセントから電源を引っ張って利用します。

ヘッド

ヘッドとはジェネレータに取りつけるライトのことです。
ジェネレータとヘッドが揃って初めて光を発光することができます。

モノブロックストロボ

モノブロックストロボはジェネレータとヘッドが一体型になったストロボです。
バッテリーで稼働するので、ロケ撮影などの外出先で利用することができます。

クリップオンストロボ

クリップオンストロボはカメラに取り付けて撮影をしたり、モノブロックストロボの様にカメラから離して撮影することができるストロボです。

小型なので、携帯性の優れています。

質問:モノブロックストロボとクリップオンストロボは何が違うんですか?

モノブロックストロボ=光量◎、携帯性△
クリップオンストロボ=光量△、携帯性◎

ライトシェーピングツールって何?

ライトシェーピングツールとはヘッドに取り付けてライトの質感や光量などを調整するアクセサリーです。

カメラマンが利用するライトシェーピングツール一覧

  • ビューティーディッシュ
  • ソフトボックス
  • アンブレラ
  • リフレクター
  • グリッド
  • カラーフィルター
  • スヌート

上記のとおり。
それぞれ順番に解説します。

今回はこちらのモノブロックストロボに取り付けるシェーピングで紹介していきます。

ビューティーディッシュ

ビューティーディッシュはヘッドの先端に取り付けて利用します。

ビューティーディッシュを利用することで、美しくて少し硬い光を放ちます。
ビューティーという名もあって女性を凛とした雰囲気に写すことができます。

質問:ホワイトとシルバーの違いは何ですか?

ホワイトは柔らかい印象に、シルバーはコントラストの効いた印象になります。

ソフトボックス

ソフトボックスはヘッドの先端に取り付けて利用します。

ソフトボックスを利用することで、柔らかい光を放ちます。
また光源も広くなる為、被写体に光が周りやすくとても扱いやすいです。

アンブレラ

アンブレラはヘッドに挿して利用します。
ヘッドにはアンブレラを通す穴が開いているので、そこにアンブレラを通します。

アンブレラは光をアンブレラに放ちその返った光を被写体に照射するので、非常に柔らかい光を放ちます。

質問:ホワイトとシルバーの違いは何ですか?

ホワイトは柔らかい印象に、シルバーはコントラストの効いた印象になります。

リフレクター

リフレクターはライトのヘッドに取り付けて利用します。

リフレクターを装着することでライトの光の範囲をコントロールします。
また業界ではオカマと言ったりもします。

質問:リフレクターはどれを選べばいいですか?

結論、利用目的によります。
基本的にはリフレクターの角度が広がるにつれて光源の範囲が広くなります。

また、撮影スタジオなどのヘッドには標準でマグナムリフレクターが取り付けてあります。

グリッド

グリッドはリフレクターに装着して利用します。

グリッドを利用することで光を集中させることができます。

グリッドには複数の目の粗さがあり、目の密度が濃くなるほど光の集中率が高まり、光の角度が狭くなります。

グリッドの種類

  • リフレクターに取り付けるグリッド
  • ソフトボックスに取り付けるグリッド

上記のとおり。

リフレクターに取り付けるグリッド

こちらのフォルダーを取り付け、そこにグリッドを装着します。

ソフトボックスに取り付けるグリッド

カラーフィルター

カラーフィルターはヘッドにフォルダーを取り付け、そこにカラーフィルターを装着します。

こちらがフォルダーです。

カラーフィルターを取り付けることで、様々なライトの色を楽しめます。

スヌート

スヌートは光源を小さくし、スポットライトの様な光を作りだすことができます。

ライトシェーピングツールはライトの質感を変えることができ表現の幅が広がるので自分の好きなライトの質を見つけて楽しむのが良いと思います。

因みに私はビューティーディッシュが好きです。

この記事で紹介したストロボ

この記事で紹介したライトシェーピングツール