WebDesign

【楽しいだけじゃない】Webデザイナーの魅力【現場からは以上です】

Nao_G
Nao_G
やぁ!みんな!元気?

クリエイターの@Nao_Gです。

Webデザイナーが気になっているけど、どんなやりがいや楽しさがあるのかな?
Webデザイナーが気になっているので、仕事の楽しいところやデメリットが知りたいです。

こういった疑問に答えます。

この記事の信頼性(著者は実務経験者)

  • デザイン歴は5年ぐらい
  • 現在の月単価60万超え
  • 現在はフリーランスのWebデザイナー

実際にフリーランスのWebデザイナーとして働いているので、信頼できるかと思います。

目次

  • 楽しいだけじゃない、Webデザイナーの魅力
  • Webデザインのデメリット
  • あなたはWebデザイナーに興味があるのかないのか?

ではさっそく見ていきましょう。

楽しいだけじゃない、Webデザイナーの魅力

  • 何処でも働ける
  • 好きな時に休める
  • 稼げる
  • 単純に楽しい

上記のとおり。
順番に解説します。

何処でも働ける

Webデザイナーは何処でも働けます。

なぜなら、Webデザイナーはパソコンさえ有れば何処でも働けるからです。

何処でも働ける特権を活かしている素敵な方がたくさんいますね。

気になる方は「@ayastyle29さん」、「@haru0127xさん」のフォローをどうぞ。

体験談:リモートワークという働き方

実際に私もリモートワークという出社しない働き方で家で仕事をしている時期もあります。

なので繰り返しになりますが、Webデザイナーは何処でも好きな場所で働けます。

好きな時に休める

Webデザイナーは好きな時に休めます。

え?嘘でしょ?好きな場所で働けて、好きな時に休める?そんな都合のいい話あるわけ無い。
と思われた方もいるかも知れませんが、真実です。

なぜならWebデザイナーは技術職なので、フリーランスという働き方ができ、いつ働き、いつ休むも本人の自由だからです。

体験談:半年だけ働く友人

実際に私の周りにも半年だけ働いて、半年遊ぶ友人や、週3だけ働いている友人などもいます。

フリーランスWebデザイナーはエージェントサービスを利用して案件獲得を行います。

【自由の本質】フリーランスWebデザイナー向けエージェント3選フリーランスWebデザイナーにおすすめのエージェントが知りたい。 これから独立を考えており、仕事探しにはエージェントが便利という話を聞きました。 色々な不安はありますが、フリーランスとしてチャレンジしていきたいので、役立つ情報を知っておきたいです。 こういった疑問に答えます。...

稼げる

Webデザイナーは稼げます。

え?好きな場所で働けて、いつ休んでも良くて、稼げる?ん?これはきっと嘘だ!
そんなことあるはずない!と思ったあなたはこの記事を最後まで読むべきです。

改めて嘘じゃないです、事実として稼げます。
1年~2年程の実務経験があればフリーランスWebデザイナーとして45~75万の案件は狙えます。

具体的な年収が気になる方は下記の記事からどうぞ。

フリーランスWebデザイナーのリアルな年収【2年で660万を狙おう】フリーランスWebデザイナーの年収ってどれぐらいなのかな? フリーランスのWebデザイナーが気になっているので、フリーランスWebデザイナーの収入や働き方が知りたいです。 こういった疑問に答えます。...

単純に楽しい

Webデザイナーは単純に楽しいです。

  • アニメや映画、ゲームなどの作品に携われる
  • 自分の作ったものがWeb上で閲覧できる
  • 作るのが楽しい

Webデザイナーの魅力は上記のとおり。
順番に解説します。

アニメや映画、ゲームなどに携われる

Webデザイナーはアニメや映画、ゲームなどの作品に携わることができます。

アニメ、映画、ゲームに限ったことではありませんが、広告で自社の商品を宣伝する為です。

  • アニメ制作会社→アニメを宣伝したい→広告を出す
  • 映画制作会社→映画を宣伝したい→広告を出す
  • ゲーム制作会社→ゲームを宣伝したい→広告を出す

上記のとおり。
共通していることは自社のサービスを宣伝するということですね。

体験談:広告制作会社やゲーム制作会社で働いていた

私は広告制作会社やゲーム制作会社で働いていた経験があります。

自分が知っているゲームキャラクターや、著名人を扱ってデザインをするのは正直楽しいです。

自分が担当したデザインを街中で見たりすると「これ、私がデザインした奴!」と叫びたくなります。

なので、Webデザイナーは様々な作品に携わることができます。

自分の作ったものがWeb上で閲覧できる

Webデザイナーは自分の作ったものがWeb上で閲覧できます。

Webデザイナーはユーザーが操作をするものを作るのも仕事の一つだからです。

  • お菓子メーカーのWebサイト→お菓子が気になった方が閲覧する
  • ゲームのイベントサイト→ゲームのイベントが気になった方が閲覧する

上記のとおり。

この様にWebページのデザインの背景には閲覧者が必ず存在します。

体験談:作ったデザインが公開される喜び

私は企業のサイトやアプリなどのユーザーが操作する系のデザインに携わったことがあります。

こういったものはサービスが停止しない限りWeb上に残り続け、皆が閲覧するので、やりがいを感じずにはいられませんね。

なので繰り返しになりますが、自分の作ったものがWeb上で閲覧でき、操作できます。

作るのが楽しい

単純に作るのが楽しいです。

物づくりの現場は皆、楽しんでおり現場が楽しげな雰囲気に包まれています。

体験談:やりたいデザインを譲り合っていた

私が広告制作会社で働いていた会社では様々なデザインの仕事で溢れており、皆自分がやりたいデザインを尊重し合いながら、仕事をしていました。

なので繰り返しになりますが、単純に楽しいです。

Webデザインのデメリット

常にデスクワーク

Webデザイナーは基本、デスクワークです。

なぜならWebデザイナーはパソコンを使って行う仕事だからです。

体験談:打ち合わせ以外は基本デスクワーク

Webデザイナーはディレクターと共にクライアントの打ち合わせに参加することも稀にありますが、基本的にはディレクターの構成案をパソコンで形にするのでWebデザイナーはデスクワークです。

なるべく体を使って仕事をしたい方や外で仕事をしたい方にはあまり向いていません。

なので基本的には、常にデスクワークになります。

運動不足になりがち

Webデザイナーは運動不足になりがちです。

繰り返しになりますが、Webデザイナーは基本デスクワークだからです。

体験談:明らかに代謝が悪くなり太りました。

私は18歳の頃から飲食店でアルバイトをしていたのですが、20歳の時にこの業界に入り、明らかに代謝が悪くなり太りました。

体験談:ジムに通って運動不足を解消する友人

私の身の回りの友人は、運動不足を解消する為、ジムに通う友人や休日にランニングを心掛けている友人などがいます。

この様に皆、健康を意識し運動不足にならないように運動を心掛けている印象です。

基本私服勤務

Webデザイナーは基本、私服勤務です。

なので、ある程度は服に意識をする必要があります。

この点はメリットに感じる方もいればデメリットに感じる方もいると思います。

成果主義

Webデザイナーは成果主義です。

なので一定のクオリティのものを作成し納品する必要があります。

質問:一定のクオリティは完全未経験でも作れるようになりますか?

Webデザインには最低限のルールがあるので、それさえ覚えてしまえば、一定のクオリティでデザインを作成することができます。

なので繰り返しになりますが、Webデザイナーは成果主義です。

あなたはWebデザイナーに興味があるのかないのか?

ここまで読まれた方にはWebデザイナーの楽しさは伝わったかと思いますが最後に一言、言わせてください。

あなた自身、Webデザイナーが気になるのか、気にならないのかを見つめ直してからこのページを閉じることをおすすめします。

なぜなら長期的に悩んでいる時間は無駄でしか無いからです。

大切な時間を削って興味のあることを調べている素敵なあなたにいらない情報は提供したくないです。

私は人の時間を奪いたくないですし、奪われたくないです。

どうでしょうか?
あなたは自分がWebデザイナーとして自由に楽しく稼いでいる未来がイメージできますか?

悩んだ上でWebデザイナーに興味がある、もう少し情報を知りたいと思われた方のみ下記の記事をどうぞ。

Webデザイナーは未経験でも独学でなれます【失敗しない勉強法】未経験でも独学でWebデザイナーになれるのかを知りたい。 というか学習にどれぐらいの時間がかかるのだろうか…? これからWebデザイナーとして就職したいので、「正しい勉強法」を知りたいです。 こういった疑問に答えます。...