基本操作

【新人デザイナー向け】【Photoshop】パターンの作り方【読み込み方や登録方法も】

どうもクリエイターの@Nao_Gです。

Photoshop歴は7年ぐらいです。
犬で言うと44歳です。

さて、先日に下記のツイートをしました。

今回はパターンの作成方法や管理方法について解説します。
現場でもよく使うので参考になると思います。

パターンの作り方

では早速パターンを作ってみましょう。

ドキュメントを作成する

「ファイル」→「新規」を選択します。

作りたいパターンのサイズを指定する

Webを選択後、幅と高さを指定します。解像度は72です。
ここでは幅250px、高さ100pxとして作成します。

パターンの元を作成する

パターンの元となるデザインを作成します。
例ではテキストにしていますが、図形でもなんでもOKです。

塗りつぶしレイヤーを作成する

「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「べた塗り」を選択します。

「OK」を選択します。

カラーを「#001d25」とします。

「横書き文字ツール」を選択します。

テキストを入力します。ここでは「Pattern」とします。その後、何もない所で一度クリックをし確定します。

文字ツールからテキストの「Lisbon Script」を選択します。文字ツールが表示されていない場合はツールバーの「ウィンドウ」から「文字」を選択しましょう。

こちらで使用しているフォントは下記からダウンロードできます。


Lisbon Script Font

カラーを選択し、カラーを「#00d3ff」としOKします。

するとこの様な感じになったと思います。

パターンを定義する

「編集」から「パターンを定義」を選択します。

「OK」を選択しパターン作成完了です。

パターンの使い方

では実際に先ほど作成したパターンを使ってみましょう。

ドキュメントを作成する

「ファイル」→「新規」を選択します。

作成したいサイズを指定する

Webを選択後、幅と高さを指定します。解像度は72です。
ここでは幅1280px、高さ720pxとして作成します。

「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「べた塗り」を選択します。

色を適当に選択し「OK」を選択します。色はなんでもOKです。

レイヤーから先ほど作成したべた塗りレイヤーをダブルクリックします。レイヤーが表示されていない場合は「ウィンドウ」から「レイヤー」を選択しましょう。

パターンを選択する

「パターンオーバレイ」を選択後「パターン」を選択します。

先ほど作成したパターンが表示されるので、選択し「OK」します。

すると選択したパターンが適用されました。

パターンの微調整

パターンの位置調整

「レイヤースタイル」から「パターンオーバレイ」を選択した状態で画面上をドラッグすると、パターンの位置を調整することが出来ます。

  • 画面上をドラッグ=自由に位置調整
  • Shift+左右にドラッグ=上下の位置を固定したまま左右の位置調整
  • Shift+上下にドラッグ=左右の位置を固定したまま左右の位置調整

パターンの比率

「パターンオーバーレイ」を選択した状態で、比率のバーを左右に動かすとパターン比率を調整することができます。

  • 比率によっては画像がボケてしまうので、キリの良い数字選びを
  • 比率を100%以上にすると画像がボケてしまう

パターンの書き出し方

それでは続いてパターンの書き出し方について解説します。

「ウィンドウ」から「パターン」を選択します。

書き出したいパターンを選択後、右上のメニューを選択します。

「選択したパターンを書き出し」を選択します。

パターン名を決めて保存を選択し、書き出し完了です。

パターンの読み込み方

続いてパターンの読み込み方を解説していきます。

読み込むパターンを準備する

今回は下記のフリー素材のパターンを読み込みます。
リンクからパターンをダウンロードします。

Free Leather Patterns

パターンを読み込む

右上のメニューを選択します。

「パターンを読み込み」を選択します。

準備した素材を選択し「読み込み」を選択します。

パターンが読み込まれました。

読み込んだパターンを使用する

レイヤーを選択した状態でパターンを選択すると選択したパターンが適用されます。

パターンの管理方法

パターンの管理方法を解説します。

自分の好みでパターンセットを作る

右下の「新規グループ」アイコンを選択します。

グループ名を入力し「OK」を選択します。ここでは「original」とします。

パターンはドラッグすることでフォルダ間を自由に移動できます。
自分なりに管理が出来たらまた例の書き出し方法で書き出すことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分が知っているパターンに関する知識は全て網羅できたかと思います。参考になれば幸いです。

【新人デザイナー向け】【Photoshop】パターンの作り方【読み込み方や登録方法も】Photoshopの便利なパターン機能 ・簡単に背景が作れる ・プリセットを仕分けできる ・画像サイズに限界がない ・自分の好きなパターンを作れる ・仕事の時短に繋がる...
【無料あり】デザイナーの私がおすすめするWebデザインスクール3社 クリエイターの@Nao_Gです。 Webデザインを学びたいけど、どんなスクールが良いのだろう。 調べてみるとデザインスク...